Yuji Obata's information from TOKYO


by y-ob

<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2008年の本棚 ③

c0147387_1832618.jpg

頭の中がカユいんだ  中島らも・著  徳間文庫  (現在は集英社文庫で発売中)

作家・中島らもの実質的なデビュー作、実話をもとに書かれた4篇を収録。この本、他人にどう薦めてよいのか迷うところもあります。こういう生き方に、何らかの好奇心を持てるか、嫌悪するか人によって分かれると思うからです。戦争紛争、血、暴力、極地への冒険といった物事は外部にあって、それを描写することで読者にショックを与えるなり、正義感を高揚させるといった単純な効果があると思いますが、この本や作家の凄さは、人間の内部に関係しているところかもしれません。凄絶な人生に、笑いがつきまとう。



c0147387_2140739.jpg

沖縄01外人住宅  岡本尚文・写真   ライフゴーズオン刊  ¥5250-

今年最後に、一冊の写真集が出版された。沖縄を被写体とした写真集がこれまでに多く出版されてきたことは事実です。 民俗、紀行、風景、スナップ、観光、ドキュメント。このようなカテゴリーにあてはまらない沖縄こそ見たいというのが最近の沖縄本に対する本音です。実は、高校時代からの盟友、カメラマンの岡本尚文がこの本を出版し、自分も少し係わっています。あまりホメると内輪っぽくなってしまうのですが、アメリカへの憧れと反感を象徴するかのように建つ「外人住宅」、そこに写り込んでしまう沖縄の光、風、植物がミックスされた絵画のような写真。クレオール語がもし東洋で、宗主国をアメリカとして、写真メディアの中で生まれたならば、こういうものになるのかもしれないと思った。
福生・相模原・横浜と、東京郊外の米軍ハウスに親しんだ同世代として、沖縄の中にそれを見つめる目が新鮮で、印刷・製本とも質の高い写真集です。
※12・20より、新宿御苑 蒼穹舎で先行販売中 詳細=www.okamotonaobumi.com

今年一年、このブログを読んでいただきありがとうございます。来年は、また新たな出版を考えているところです。
[PR]
by y-ob | 2008-12-29 18:23

2008年の本棚 ②

c0147387_15223141.jpg

suzi et cetera  Boris Mikhailov   walther konig(独) ¥6090-オンサンデーズ

A5版でも充分伝わってくる内容。80年代旧ソ連圏で生活しながら、当時の体制とはまったく別の価値観で自分の周辺を見ている自由で独自の視線、古びたネガカラープリントの色。



c0147387_15343063.jpg

歳月  茨木のり子(詩集)  花神社   ¥1900-

2006年に急逝した詩人・茨木のり子さんの書斎の書類の中から「Y」と書かれた箱が見つかった。その中に入っていた40篇から1編を除いた39篇が収録された詩集。
[PR]
by y-ob | 2008-12-27 15:48

2008年の本棚 ①

世界不況という嫌な言葉で今年は暮れようとしています。景気に関係なく、やはりいい本、おもしろい本は少しでも売れてほしいと思い、今年買ったりいただいたりした本を紹介します。

c0147387_17184533.jpg

点と線  松本清張・著  風間完・画  文芸春秋 ¥3000-
旅のスケッチ   風間完・著    富士見書房 絶版 ¥1500-古本価格

いつ頃に風間完画伯(故人)の絵を知ったのかはよく覚えてないのですが、とても好きな画家のひとりで、ただ、なかなか今買える本がありませんでした。その中で今年は文芸春秋刊の「点と線」。ストーリーは子供の頃に読んだので、挿絵を眺めるために買う。その後ある日、定期的に本を引き取ってもらっている古書店で見つけたのが「旅のスケッチ」、見返しにはある著名な作家に宛てた画伯のサインが入っていました。言葉にできない絵の魅力と味わい深い文章、こういうものはネットでなく紙に印刷された本だからこそ感じられる。



c0147387_17335865.jpg

イスラム 空間と文様 石元泰博・写真 駸々堂  ¥30000-古本価格

石元泰博氏の写真のファンは多いようで、僕もその一人。田中一光氏構成のこの本は1980年初版、89年3刷で、当時の定価は¥47000-。こういうすごい写真集が出ていたことを知らなかった。スペインから西安までのイスラム建築を写しとった大作。装丁も印刷も当然のようにすばらしい。早稲田の五十嵐書店に置いてあるのを見かけ、ずっと気になっていて、ひと月後に行ったらまだ残っていたため即座に購入した。



c0147387_17504244.jpg

酔郷譚 倉橋由美子・著  河出書房新社  ¥1500- 08年7月刊

ジャック・ロンドンの「火を熾す」を読んで、文字の力でいきなり本の中の世界に引きずり込まれた快感があとを引いた。喫茶店で週刊誌書評に出ていた「酔郷譚」を知り、書店へ行って1ページ目を読み始めたら、またまた、引きずり込まれた。まったくありえないような話なのに、それがあってもおかしくないと思わせられる文体。こういうものが企業誌に連載されていたとは、、、
[PR]
by y-ob | 2008-12-26 18:15