東京都写真美術館の収蔵作品を紹介する展覧会、「たのしむ まなぶ イントゥ・ザ・ピクチャー」に、小畑雄嗣「二月」のプリントが展示されています。

会場 東京都写真美術館3階展示室

会期 2018年5月12日~8月5日 月曜日休館 7月17日休館

公式サイト https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3050.html

出品作家
(計60アーティスト)順不同
NASA、W.ユージン・スミス、アンセル・アダムス、アンドレ・ケルテス、アンリ・カルティエ=ブレッソン、ウィリアム・エグルストン、ウィリアム・クライン、エリオット・アーウィット、ギャリー・ウィノグランド、コンスタンティン・ブランクーシ、ジェイコブ・リース、ジョージ・S・ジンベル、シンディ・シャーマン、ザ・サートリアリスト(スコット・シューマン)、ダイアン・アーバス、ダニー・ライオン、ダン・ワイナー、中平卓馬、新倉孝雄、ビル・ブラント、ブラッサイ、ブルース・デイヴィッドソン 、ベルント&ヒラ・ベッヒャー、ヘレン・レヴィット、ヘンリー・ピーチ・ロビンソン、ホンマタカシ、マイナー・ホワイト、リー・フリードランダー、ルイジ・ギッリ、ロバート・アダムス、ロバート・キャパ、ロバート・フランク、ロバート・メイプルソープ、ロベール・ドアノー、井上孝治、稲越功一、鬼海弘雄、橋口譲二、桑原甲子雄、荒木経惟、高梨豊、三木淳、小畑雄嗣、植田正治、森山大道、石元泰博、沢田教一、中山岩太、中村征夫、長野重一、田沼武能、土門拳、奈良原一高、北井一夫、北島敬三、本橋成一、名取洋之助、木村伊兵衛、林忠彦、鈴木理策













A
[PR]
# by y-ob | 2018-05-12 20:36

SAPPORO PHOTO 2017


SAPPORO PHOTO 2017 「写真の町東川賞 特別作家賞受賞作品セレクション」に、小畑雄嗣「二月」寄贈作品からプリントが展示されています。

会場 新さっぽろギャラリー 会期 2017年9月27日~10月2日 











A
[PR]
# by y-ob | 2017-09-27 10:21

詩人・茨木のり子の世界

【文学特別展】 没後10年 詩人・茨木のり子の世界

徳島県立文学書道館において開催中の同展に茨木邸の写真が展示されております。

会場 徳島県立文学書道館

会期 2016年12月17日~2017年2月11日 月曜休館













A
[PR]
# by y-ob | 2016-12-17 20:31

A BRILLIANT BLUE SHANGHAI

 1986年10月15日、上海虹橋空港から東京へ向かう日本航空の便は離陸を待たされた。窓を通して駐機場の英国航空機からタラップを降りてくる紫色のスーツを着たエリザベスⅡ世の姿が見えた。コンコルドでロンドンを発った女王は中東で乗り継ぎ、香港返還を控えて訪中の途上でした。
 改革開放政策に進み始めた中国で、この頃の上海はまだ戦前そのままの街の姿を留めていて、アンリ・カルティエ・ブレッソンが滞在したブロードウェイマンションは町のどこからも見え、その威容はバベルの塔のようでした。
 遡って1984年はマッキントッシュが発売された年で、インターネットや携帯電話、デジタルカメラもなく、国際間のホテルの予約にはテレックスが使われていました。音楽はレコードからCDになりつつあり、これからメディアにおけるデジタル革命が始まろうとしていましたが、写真においては最後のフイルム時代であり、カラーフイルムの開発全盛期でした。ジョエル・メイロウィッツの「ケープライト」が日本に紹介されたのがこの頃で、日本でネガカラーフイルムで作品を撮るにはまだ個人向けプロセッサーが普及していませんでした。80年代の中国での撮影はトライX、エクタクローム、フジクロームを使っていましたが、同時代の中国の田舎の写真館ではまだモノクロプリントに人工着色をしていたのです。
 30年が過ぎて再び上海の街に立って、かつて撮影した街路をたどって、同じ位置からの撮影を始めましたが、最新デジタルカメラによるその被写体は100年続いた石庫門住宅の解体と再開発、何よりも変化の著しい人々のファッション、爆発的に売れている乗用車へと変化していきました。今もまだヨーロッパの面影を残す外灘の夜、オレンジ色の街灯に照らされて静かに走るブラウンのロールスロイスは幻のようです。80年代に走っていた水色の『上海SH760』は、今では自動車博物館に展示されています。
 1930年代、東洋のパリと呼ばれた上海は、2015年、史上最高の発展をとげた姿を見せてくれます。ブロードウェイマンションはバートンの「小さな家」のように、高層ビルの谷間に佇んでいます。そして、英国皇子が30年ぶりに訪中した2015年。この30年という時間そのものが「被写体」となっていました。


c0147387_194987.jpg

[PR]
# by y-ob | 2016-06-19 01:10

SHANGHAI, SHANGHAI BY YUJI OBATA

YUJI OBATA's latest photobook "SHANGHAI, SHANGHAI" Launched in May 2016.

c0147387_14265534.jpg

Cover photos: A SH760 and The Broadway mansions in fog. 1987

c0147387_14274753.jpg


Published by Sokyusha, TOKYO, Edition of 500 Limited , Hardbound,
8x10, PP136 Color72, Duotone64

c0147387_14324619.jpg


c0147387_14331164.jpg


about this photobook:

BRILLIANT BLUE SHANGHAI

On 15th October, 1986, my flight had been forced to wait for the departure to Tokyo from Shanghai Hongqiao Airport. There, I had seen via a window Queen Elizabeth II in violet suit climbing down boarding ramps of the British Airways plane at a tarmac. Her Concorde flight had taken off from London, and been to stop in the Middle East. After connection therein, she arrived at Shanghai via Beijing. That had been her first and last visit to China before the reversion of Hong Kong.
At that time, there had been still borders in Europe, and the euro had not been used. In China, policies of reform and openness had been implemented, and prewar streetscapes in Shanghai had remained yet. The Broadway Mansions as the accommodation of Henri Cartier Bresson had been seen from any direction of the city and seemed like the Tower of Babel.
In 1984, sales of the first Macintosh-128K had just began. The Internet, a mobile phone, and a digital camera had not appeared, and telex had been used for hotel reservation over countries. Music media had shifted to CD from LP, that is, it had been the dawn of digital revolution for media. Although color films had been developed at the highest level, the film-based photography had come close to the end.
At that time, Cape Light by Joel Meyerowitz had been introduced to Japan. I had used Tri-x, Ektachrome and Fujichrome for photography in the 1980s of China. Meanwhile, it had been popular to make hand-colored B/W prints in countryside photography studios in China.
Thirty years later, I revisited Shanghai. Following the streets where I previously had taken pictures, I shot images at the same places again. My subjects for photograhy with the high-performance digital camera were changed; dismantlement of Shikumen Buildings used for one hundred years and redevelopment around them, and remarkable change in fashion of people. Further, too many cars were on roads. Night scenes at The Bund reflecting European remnants and the brown Rolls-Royce running quietly under orange lamps – they seemed illusion. The brilliant blue Shanghai SH760B running in the 1980s is exhibited in The Shanghai Auto Museum now.
Shanghai called Paris of the East in the 1930s reflects scenes in which the highest development has been accomplished by 2015. Like The Little House by Virginia Lee Burton, The Broadway Mansions stands at a valley formed between high-rise buildings. In 2015, Prince William, Duke of Cambridge visited China for the first time in three decades. Just the time of three decades becomes “my subject”. Yuji Obata

c0147387_14491283.jpg

A brilliant blue Shanghai/SH760 at Shanghai Auto Museum, 2014
[PR]
# by y-ob | 2016-06-10 00:10