「二月」~②鹿の子温泉の雪

 陸別から更に北へ進み池北峠を越えると置戸。町中に旅館が少なく、泊めてもらったのは若者交流センター。自宅が遠くて町の学校に通えない高校生たちも住んでいる施設でした。宿泊料は3000円。誰でも泊まれます。
 ここから更に大雪の裏側に向かって山奥へと入ったところに鹿の子温泉があります。施設は古いけれども湧き出す温泉がすばらしく、食事も相当おいしい。玄関脇に駐車すると、犬が飛び出してきた。せんべいを投げたらずっとついてきて、もうなにももらえないとわかると、穴を掘りはじめました。猟師からもらった鹿の骨、雪の中に隠したのを思い出して掘り起こしくわえて走りまわっている。
 気づいたら激しく雪が降り始め、犬の顔が雪の結晶まみれになっていました。
[PR]
by y-ob | 2007-12-30 15:35